英フィナンシャル・タイムズ紙コラムニストのフィリップ・スティーブンスが、2月2日付同紙掲載のコラムで、フランスで変化が起きている、来るべき大統領選挙はポピュリズムの潮流を逆転させる結果となるかもしれない、という論説を書いています。