このブログではかつて「京大出身のITベンチャー起業家、重要人物まとめ」「大阪大、神戸大、同志社大、関西学院大出身のITベンチャー起業家、重要人物を少し調べてみた」というエントリを書いてきましたが、ふと「一橋出身の起業家とかって三木谷さんの他にいないのかな?」と気になったので、今回は一橋大学出身の起業家、経営者(陣)を調べてみました。

大学在学学生数2016年

データ元 http://tanuki-no-suji.at.webry.info/201607/article_12.html

一橋出身の起業家と言えばなんといっても楽天の三木谷さんですが、有名大学のわりにはあまりいないような気がするんですよね。でもそもそも学生の絶対数が他の大学と違うんでしょうがない部分もあるよなぁと。一橋の学生数は早稲田の10分の1くらいだし。というわけで今回は16人を紹介してみようかと思います。いつものように参考記事とともに。
-------


三木谷浩史
楽天 代表取締役会長兼社長
商学部
はっきり言って、泥臭い。けれどその泥臭さを微塵も恥じないのが三木谷の強さであり、それが並のエリートとは根本的に異質な部分だ。そして、この三木谷の性質は、そのまま真っ直ぐに楽天市場のビジネスモデルとつながっている。
http://goethe.nikkei.co.jp/human/090818/01.html


加藤智久
レアジョブ 代表取締役会長
商学部
コンサルへ就職はしましたが、三年以上いるとコンサルに染まってしまいます。戦略コンサルの仕事が社長の仕事だと思い込んでしまうんです。実際には、戦略を創る事は経営者の一機能にすぎない。もっと大切な事はより大きなビジョンを持ち、それに向けて人々の気持ちを動かしていく事。だから、三年以上働けばより上手く経営できるとは思わない
http://entrepreneursmind.net/?p=850


田中裕輔
ロコンド 代表取締役
経済学部
私生活では2週間後に第1子が誕生する予定だった。妻からはもちろん、両親からもマッキンゼーに残ることを切望された。しかし、日本に戻った田中社長はロコンドの経営に参画することを決めた。そして身重の妻にこう言った。「自分がマッキンゼーに戻ればロコンドは100%つぶれる。だけど自分が参画すればロコンドがつぶれる確率を80%に下げられる。浮上できる可能性は20%だがロコンドの経営をやらしてほしい」。
https://netshop.impress.co.jp/node/2407


中嶋淳
アーキタイプ 代表取締役
社会学部
私はピュアなVCや、ビジネスを一緒に育てていくインキュベーションだけでなく、最初からオープンイノベーションを意識していました。簡潔に言うと、大企業とスタートアップが連携して世の中を変えていくということです。
https://hitportmedia.com/?p=2006


佐々木大輔
freee 代表取締役
商学部
Google というカルチャーによって、自分は新しいスキルを身につけることができたし、新しい世界を知り、考え方としても大きく影響を受けるようになった。普段から僕は「結局自分はどんなインパクトを与えたのか」、という問いが自分自身のよりどころとなっているのだが、Google での経験により、今自分のインパクトを最大化させるために、「起業」がもっとも自分にとってしっくりくるネクストステップであると思うようになった。
https://ds.freee.co.jp/2013/11/18/google/


冨田和成
ZUU 代表取締役社長兼CEO
経済学部
僕はビジネスで世の中に貢献し、何かしらのイノベーションを起こしていくことが大好きで、そのことを常に考えています。考え続けていれば問題意識が育ち、情報に対しても敏感になる。頭の良し悪しは結局、考え続けているかどうかで決まります。何を隠そう自分自身も、大学3年ぐらいまでは考えられない学生でした。頭を使うのがすごく苦手だったのです
http://nipponmkt.net/2015/04/15/takurami20_zuu_tomita03/


柴田紳
ネットプロテクションズ 代表取締役社長
社会学部
「どんなに評価されたとしても、絶対に3年で起業する」と自分自身で時間を区切っていました。それに加えて、仕事に対する姿勢というか、「成長意欲では周囲に負けない」、と覚悟を決めていたので、転職した瞬間から、それはもう朝から晩まで働きました。そして、投資先として、株式会社ネットプロテクションズを買収、役員就任の話があった訳です。
https://www.procommit.co.jp/support/interview/netprotections-shibata