電通の一連の問題をきっかけに、働き方改革は喫緊の社会課題として認識されている。毎日新聞によると、21日には高橋まつりさんの母幸美さんが安倍首相と面会し、実効性のある働き方改革を求めたことに対し、首相が「何としてでもやる」と決意を示したという。