前回のエントリ『 働き方改革における 3つの選択肢 』では、仕事を「労働時間」と「生産性」の高低により 4つに分解しました。

今日は別の軸を使い、仕事を「労働時間」と「リーダーシップを取る機会」の有無で 4つに分けてみます。

f:id:Chikirin:20170219210121j:image:w500

リーダーシップを取る機会がある仕事と無い仕事の違いってわかります?

正確には「リーダーシップを取ることを期待されてる仕事」と「そんなこと期待されてない仕事」、つまり、

「自分で判断してやり方をどんどん変えていくことが求められる仕事」と

「自分で判断なんてせず、ましてや勝手にやり方を変えたりは決してせず、粛々と言われたとおり正確にこなすことが求められている仕事」の違いです。

ひとつずつ見ていきましょう。

★★★

まずは、労働時間が長く、リーダーシップを取ることが期待されてない仕事。

決められた手順で延々と組み立てるとか、一晩中(明日コンビニで売られる)弁当ケースに卵焼きを詰め続けるといった仕事です。

f:id:Chikirin:20170219210122j:image:w500

次が、労働時間が長く、リーダーシップを取ることが期待されてる仕事。従来型の会社員(正社員)の多くがこれにあたります。やりがいのある仕事も多々あります。

f:id:Chikirin:20170219210124j:image:w500

3番目は「労働時間が短く、リーダーシップも期待されてない仕事」

ランチタイムだけ飲食店の洗いもの係として働いてるとか、週に 3日だけスーパーで働くなど。

家計補助のために働いてるパートの主婦や、定年後、毎日家にいると退屈すぎるので近所で働いてるオジサン、みたいなイメージです。

f:id:Chikirin:20170219210123j:image:w500

ここまでは比較的わかりやすい。

では、最後のひとつはどうですか? 「短時間労働で、かつ、リーダーシップを発揮することが求められる仕事」

みなさんの回りに、こういう求人ってあります?

f:id:Chikirin:20170219210126j:image:w500

実はこの「働く時間は短いけど、リーダーシップを期待される仕事」の求人はすごく少ない。

こういう働き方をしてるのは、フリーランス(自営業)か、もしくは、

もともとは「労働時間が長く、リーダーシップを発揮する仕事」に就いていた人