行政書士・不動産投資顧問 金森重樹=文

お金に無頓着な漁師は、本当に幸福なのか?

幸福になるために、必ずしもたくさんのお金は必要ありません。

前回、僕は、古今東西の人間が人種や性別の差なく「幸せだ」と感じるのは、「セックス」「おしゃべり」「食事」「リラックス」という、ごくありふれた日常生活の行為だ、というお話を大学の研究結果を基にしました(参照:富裕層の哲学「幸福度は、お金ではなく、“昼と夜の営み”で決まる」http://president.jp/articles/-/21191)。

幸せになるのに、お金はそんなにいらない。

この“驚くべき”事実は「メキシコの漁師とMBA旅行者」の話を彷彿させる内容だと僕は思いました。

この話の元となったのはノーベル文学賞を受賞したハインリヒ・ベルの書いた「生産性低下の逸話」で、これが改変されたものがネットに出回っています。以下はその概要です。

▼「生産性低下の逸話」ダイジェスト▼

メキシコのある田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。メキシコ人の漁師が小さな網に魚を獲ってきた。その魚は新鮮でなんともイキがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、こう尋ねた。

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」

すると漁師は「そんなに長い時間じゃないよ」と答えた。旅行者が、

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。惜しいなぁ」

と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、余った時間でいったい何をするの?」

と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって……ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、あなたにアドバイスしよう。いいかい、あなたは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それで余った魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。

その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。

その頃にはあなたはこのちっぽけな村を出てメキシコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。あなたはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は未来永劫幸福に暮らせるのか?

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね?」

「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」

「それからどうなるの?」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

▲以上、「生産性低下の逸話」ダイジェスト▲

前々回の原稿で、僕は、「非地位財」(他人が何を持っているかどうかとは関係なく、それ自体に価値があり喜びを得ることができるもの)に対してお金を配分していくことが不毛な競争的消費(浪費)に巻き込まれないことにつながる、と書きました。そして、それは結果的に資産形成への確かなステップともなると(参照:「他人の年収」をスルーできたら富裕層の素質あり http://president.jp/articles/-/20899)。

さらに、この非地位財、例えば「休暇、愛情、健康、自由、自主性、社会への帰属意識、良質な環境」といったものを追求するためには、案外、大きなお金はかからない、ということもお伝えしました(*ちなみに、他人との比較優位によってはじめて価値が生まれる「地位財」とは、所得、社会的地位、車、家などを指し、大きなコストがかかる)。

ならば、「そもそも富裕層になる必要はないのではないか?」と読者のあなたは考えられたかもしれません。

冒頭で述べたように、人間は遠い昔から、セックス、おしゃべり、食事、リラックスという素朴なごく少数の行動があれば、「十分に幸せ」になれます。これも、大してお金はかからないものです。

ならばやはり、そもそも富裕層になる必要などないのではないか?