1億人を軽く超えるアメリカ人が、テレビにかじりつく年に一度の大イベントだけあって、試合中のコマーシャルに30秒で500万ドル(6億円相当)の値が着くアメリカン・フットボールの「スーパーボウル」。アメリカを代表する大ブランドたちが、総力を上げて競う日なのだが、今年は若干例年と様相が違っていた。