このブログでは食品のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論しているが、先月に引き続いて、今月もその動向が注目されている東京都中央卸売市場の豊洲移転問題について、都民の「食の安全」に関わる重要なリスコミ事例なので、さらに詳しく考察を加えてみたい。