リーダーといえども「自分の本分」をわきまえる必要がある――稀代の読書家にして、注目の経営者でもある、ライフネット生命 会長・出口治明氏。最新刊「座右の書『貞観政要』 」』(KADOKAWA)で自らの座右の書である中国の古典を解説した出口氏が、「すぐれた決断」ができるリーダーの考え方を語る。