2011年10月20日:最先端の技術を駆使したソーラーカー the World Solar Challenge from Darwin to Adelaideでオーストラリア大陸のおよそ3000キロを北から南に縦断するレースで、東海大学がトップでゴールし、2連覇を果たした。