[パリ 16日 ロイター] - フランスのオランド大統領は16日、欧州連合(EU)の現状を批判したトランプ次期米大統領に対し、EUは外部の助言を必要としないと反論した。

オランド大統領はハートリー駐仏米大使の離任にあたり、「欧州は大西洋を越えた(米国との)協力を進める準備を整えるが、それは欧州の利益と価値観に基づく」と表明。