[パリ 15日 ロイター] - フランス大統領選の候補者選びの予備選に向け、与党・社会党など左派陣営がテレビ討論会を15日に実施した。有力視されているバルス前首相は、過去の移民政策が批判され劣勢を強いられた。