昨年末、釜山の日本総領事館前に新たな「いわゆる慰安婦」像が設置されたことにより、駐韓大使が一時帰国しました。

2015年末の日韓合意後、我が国は閣議決定により10億円を拠出しました。それにもかかわらず、今回の韓国市民団体による新たな像の設置を韓国政府が黙認することは、いわゆる慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決したとする日韓の合意に反することであり、極めて遺憾であります。