※高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度。

満足のいく治療は、やはりお金次第なのか?

それでも満足のいく治療が受けられるのなら……と思う人は多いかもしれませんが、これは最低限の治療にかかる金額といっても過言ではありません。たとえば、手術することになると別途費用が発生し、大金が必要となります。

治療に妥協したくないため免疫療法や粒子線療法、未承認の抗がん剤などの先進医療による治療を受ける場合は、保険適用外となってしまいます。そのため、これらの治療を受けるのに1回数万円から数十万円ものお金が別途かかります。

また、名医に診てもらいたい、となると、場合によってはかなり交通費がかかることもあります。私の知人で大阪にいる名医にパートナーを診てもらうため、月に何度か東京から新幹線で通っている人がいました。こうなると交通費以外に宿泊費もかかることがあります。この知人の場合、パートナーがひとりで行ける状態ではなかったため、2人分の交通費、宿泊費がかかったとのことでした。また、主治医を代えることで、最初の3カ月間は月8万8800円の治療費を用意しなければなりません。

そこまでしなくても、と思う人もいるでしょうが、どこまでも希望を追い求めたいと思うのが家族です。私の妻の場合、主治医から「治るとは思わないでください」といわれています。そのため先進医療を受けたり、名医に診てもらったりすることで、せめて寿命が延ばせるのなら、お金さえなんとかなれば、先進医療や名医に望みをかけたくなるのはいうまでもありません。私の妻の場合、お金がないために、これらの選択肢がなくなっているのです。

わが家以上にお金のない闘病者のなかには、高額療養費制度が適用されたところで毎月4万4400円も払えないため、治療をあきらめる人もめずらしくはありません。