家族が集まるお正月。離れて暮らす両親と、今後の人生について話し合った方も多いのではないでしょうか。

そんなお正月に合わせ、日本財団が1月5日を「遺言の日」として制定しました。発表会見では同財団の笹川陽平会長が「正月から縁起でもないという方もいるかもしれないが、家族が集まる機会はそう多くはない。