シーズンが始まった頃は、例年同様、胸を高ぶらせていたくせに、GPシリーズが始まってもほとんど試合中継を見る余裕がなかった2016/2017シーズンのフィギュアスケート。

そうは言っても、そろそろ見ておかないと・・・ということで、マルセイユで行われたグランプリファイナルの映像をぼんやりと眺めていた*1。

そして、そこで気付いたのは、今シーズンの進化が驚くべきレベルに達していた、ということ。

特に男子は、4回転ジャンプ2種類なんてもはや驚くに足らず、で、4回転3種類以上 and/or 4回転含むコンビネーションという構成で攻めないと表彰台に上がれない、という恐ろしいことになっていた*2。

結果的には羽生結弦選手が4連覇の偉業を成し遂げたもの、フリーの結果だけ見れば3位。

それも、4回転のループ、サルコウ、トゥループを加点付きの出来で決め、演技構成点も6選手中トップのスコアを出しながら、である*3。

一方、これに代わってフリー1位となったのが、ネイサン・チェン選手で、その演技構成ときたら、冒頭からの4つの要素が、

4Lz+3T 19.90

4F   12.30

4T+2T+2Lo 13.40

4T   10.30

と、これだけで基礎点55点超、という恐るべき代物。

昨年のグランプリファイナルでの羽生選手のフリーの得点は未だに破られていない銀河系スコア(219.48点)だが、その時でも技術要素の基礎点は「95.19」点だった。

それが今回のチェン選手は、「101.02」点と基礎点だけで100点を超える演技構成で、しかもいずれの要素も減点なし*4、と来れば、上位選手といえども生半可な出来では到底太刀打ちできない。

演技が始まってから立て続けに4回転を跳び続ける、という構成になっていることもあって、プログラム自体の見栄えは他のエスタブリッシュな選手たちにはまだまだ遠く及ばない。

だが、チェン選手の年齢を考えると、再来年の五輪本番までの伸びしろは十分見込まれるわけで、羽生選手の行く末も決して安泰とは言えないなぁ、というのが、素直な感想であった。

もちろん、日本にも、ジャンプの失敗が目立ったフェルナンデス、パトリック・チャンといった世界チャンピオン組を差し置いて、宇野昌磨選手が今回表彰台に上った、という非常に明るい材料があるし*5、当の羽生選手自身が、チェン選手の存在によって、より高みを目指すモチベーションを駆り立てているように見えるのは決して悪い話ではないのだが。