今月6〜7日に各メディア(✳︎)で既報の通り、ドイツ連邦憲法裁判所は、2011年3月の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故を受けて同国内の原子炉8基の閉鎖が命じられたことについて、ドイツ連邦政府は原告(電力会社3社)に対して相応の補償を行うべきとの判決を下した。