フランスはどう少子化を克服したか (新潮新書)

フランスはどう少子化を克服したか (新潮新書)


Kindle版もあります。

フランスはどう少子化を克服したか(新潮新書)

フランスはどう少子化を克服したか(新潮新書)

内容紹介
少子化に悩む先進国から、子育て大国へ。大転換のカギは、手厚い支援策の根幹を貫く新発想だった。「2週間で男を父親にする」「子供はお腹を痛めて産まなくていい」「保育園に連絡帳は要らない」「3歳からは全員、学校に行く」――。パリ郊外で二児を育てる著者が、現地の実情と生の声を徹底レポート。日本の保育の意外な手厚さ、行き過ぎにも気づかされる、これからの育児と少子化問題を考えるうえで必読の書。


 日本では「少子化」がずっと社会問題となっており「少子化担当相」までいるのですが、なかなか出生率の上昇にはつながっていないようです。
 僕も「日本という国の将来を考えると、どんどん人が減っていくというのは、大きな問題だ」とは思うのですが、「日本の将来のために、子どもをつくれ、産め」と言われても、そんなことを考えて子どもをつくる人なんていないよなあ、というのが実感ではあります。