英国の社会学者ドナルド・マッケンジーの著書にAn Engine, not a Camera (2006) というのがある。何が「エンジンであって、カメラではない」のかというと、経済理論、ブラック・ショールズモデルと呼ばれるオプション理論で、同理論を発表したマイロン・ショールズはロバート・マートンとともに1998年にノーベル経済学賞を受賞した。