昨日の夜、これを見て目が点になった。
野田佳彦幹事長を両院議員総会で承認

 民進党は16日午後、両院議員総会を党本部で開いた。この中で蓮舫代表は、前総理の野田佳彦衆院議員を新幹事長に充てることを提案し、了承された。

〔中略〕

「今回の人事を決めるにあたり考えたのは、私が参院議員であること。衆院での議論の重さを承知している。幹事長人事を承認いただいたら、全体の人事に着手する。総理を経験した方だが、安倍総理と対峙(たいじ)して政権と向き合っていくのにしっかりとした経験をお持ちの方なのでご承認いただきたい」と理由を説明。幹事長人事は賛成多数で承認された。

 野田新幹事長は「青天のへきれき。代表から話があった通り、総理経験者が幹事長を務めた前例は(ほぼ)なく、私自身イメージができなかったのが最大の理由だ。私は2012年の政権から転落した時の総理であり、旧民主党の代表だった。今の党は、ある意味崖っぷちで、いばらの道を歩んでいかなければならない時に、私が前面に出るのはちゅうちょするのが率直な気持ち。しかし、私が引き受けないと次の人事が進まないということもあり、落選した人、地方の人のためにも政治人生の落とし前をつけるつもりで火中の栗を拾うことにした。新代表を支えて党勢回復に全力で取り組む。ハスの花を支えるレンコンになった気持ちで下支えをする。皆さんのご理解とご協力を心からお願いします」と意気込みを語った。

 幹事長以外の役員人事は、翌週にあらためて両院議員総会を開いて決定することになった。
 BLOGOSに転載された、民進党機関紙局の記事はこう伝えていた。

 「総理経験者が幹事長を務めた前例は(ほぼ)なく」とあるのは、わずかながら例はあるということなのだろうか。