韓国の釜山国際映画祭が行政からの圧力を受けている問題。どうも長引きそうな様子だ。

Korean film industry votes 'no' to lifting Busan boycott | News | Screen

2014年に起きたセウォル号沈没事故についてのドキュメンタリー『ダイビング・ベル』の上映中止要請を釜山市が行ったことが発端で、映画祭の運営の改革要求に発展し、行政介入は表現の自由を規制するものではないかと議論になっている釜山映画祭問題。