フィットビットやアップルウオッチなど、ランナーや新しもの好きの人々が身に着けるウエアラブル端末は、職場でも急速に普及しつつある。こうした端末は生産性や安全性を測る新たな手法を雇用主に提供し、保険会社には従業員の健康指標や習慣の追跡を可能にするものだ。