細野豪志政策調査会長は12日午前、国会内で定例記者会見を開き、(1)辺野古の埋め立て承認取り消し(2)ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の「南京大虐殺の文書」登録問題――等について発言した。

 沖縄県の翁長雄志知事が同日午前、米軍普天間飛行場の移設をめぐり名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認の取り消し手続きを行ったことを受け、「政府が辺野古移設のための全作業を1カ月中断したにもかかわらず何ら事態が進展しなかった」「これまで政府と沖縄県が非常に激しく対立する形になっており、まずは沖縄の皆さんの声をしっかり受け止める責任が政府にはある」と指摘。