「碧志摩メグ」は日本の正しい姿?

来年、伊勢志摩サミット(主要国首脳会議) が開催される三重県志摩市公認の海女の萌えキャラ「碧志摩(あおしま)メグ」が、「胸や太ももを強調しすぎ」「海で生きてきた海女の伝統と文化をバカにしている」と大論争を呼んでいる。

碧志摩メグ
海女萌えキャラ「碧志摩メグ」(志摩市提供)

「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げる安倍晋三首相。サミット開催について「伊勢神宮をはじめ、日本の伝統や文化、美しい自然を存分に味わっていただきたい。日本の『ふるさと』の素晴らしさを世界に発信する機会にしたい」と意気込む。

反対署名を始めた志摩市の主婦、宇坪伊佐子さん(39)は「乳首までうっすら認識できる巨乳、性器方向へはだけた裾、どんなやらしいことも受け入れそうな恥ずかしそうな表情」と、萌えキャラに怒っている。一方、オタクの若者は「メグちゃんを守れ」と盛り上がる。

来年、サミットが開かれる志摩市には主要国の首脳や世界中のメディアがやってくる。萌えキャラは日本では許されるのかもしれないが、世界的な基準で見ると性的すぎて批判は免れない。「碧志摩メグ」は日本の正しい姿なの?

夢は「日本一の海女」

まず、大論争になっている「碧志摩メグ」のプロフィールを「志摩市公認 海女萌えキャラクター 碧志摩メグ」公式サイトから紹介しよう。

メグは明るく元気で、ちょっとドジな17歳。身長158センチ。体重46キロ。ボーイフレンド募集中。将来の夢は「日本一の海女」。尊敬する人は「海女の名人のおばあちゃん」。両親はサラリーマン。可愛くオシャレな海女を目指しているが、まだ、さほど潜れない。

碧志摩メグデフォルメ
海女萌えキャラ「碧志摩メグ」(志摩市提供)

市観光戦略室の説明では、三重県出身のバイクレーサーが経営する企画会社から無償で提案があり、昨年10月、イラストが市の観光PRキャラクターに公認された。名前は約1800人の応募の中から市と企画会社の協議で選ばれた。

志摩市には古くから「しま子」さんという海女のキャラクターがいる。平成の大合併による志摩市誕生から10年に当たる昨年には着ぐるみの「しま子」さんもつくられた。「高齢化が進み海女の人口は減少している。若い世代にアピールするには『ゆるキャラ』や『萌えキャラ』も必要」と市観光戦略室はメグ採用の背景を説明する。

しまこさんイラスト
これまでの海女キャラ「しま子」さん(志摩市提供)

PRキャラクターによる観光キャンペーンはオカネをかけても不発に終わることが多い。企画会社からの提案は無償で、市には渡りに船。公認話はトントン拍子で進んだ。「碧志摩メグ」のキャラクターは無料通話・メールアプリLINEで40種類が販売されるほどの人気だ。

しまこさん着ぐるみ
「しま子」さんのキャラクター(志摩市提供)

「ロリコン丸出し」

反対署名を始めた前出の宇坪さんは母も曾祖母も海女という家庭で生まれ、育った。今年2月、近所に貼られていた「碧志摩メグ」のポスターを見て、目を丸くした。「胸を強調していてロリコン丸出し。近づいて見ると、市公認だったので二度びっくりしました」という。

伊勢志摩サミットが決定したとき、「嫁さんもろたときよりうれしい」と万歳三唱した大口秀和・志摩市長の顔が思い浮かんだ。市は「碧志摩メグ」のポスター2千枚を配布し、持ち帰り用フライヤーも用意。観光三重の表紙にもなり、ネット上でも発信されている。

宇坪さんは言う。

「鳥羽・志摩の海女漁技術は三重県無形民俗文化財に指定されています。その潜水技術や民俗的知識とともに信仰も文化財指定されています。こういう文化的で信仰を伴ったものを『萌えキャラ』扱いして良いのでしょうか?」

海女さん
海女の山下真千代さん(山下さん提供)