熱中症への注意喚起と夏の甲子園


この時期、TVのニュース番組を観ると、その日の猛暑ぶりが報じられ、「明日も熱中症に十分に気をつけましょう」と注意が喚起される。そして続くスポーツニュースでは、まさにその炎天下でプレイする高校球児の姿が映し出される。

はたして「明日も熱中症に十分に気をつけましょう」という注意は、いったいどこに消え失せてしまったのだろうか? まるで甲子園は暑くて当たり前であって、そこに疑いの目など挟んではならないかのようである。

かくいう私も、甲子園はけっして嫌いではない。いや、むしろ好きだ。とりわけ故郷の高校の活躍は、大いに気になる。だけれども、あの暑さだけは、観ていると苦しくなる。甲子園は、教育活動の一環である部活動の大会である。教育とよぶにはあまりに過酷な環境のなかで、高校生がプレイしている。せめて、もっと身体への負荷が少ないかたちで、大会を実現できないものだろうか。

「激しい運動は中止」の時期に甲子園


ここで、熱中症の指標であるWBGTの値を用いて、甲子園の状況を調べてみよう。WBGTとは、黒球温度、湿球温度、乾球温度の3つをもとに算出される値で、この値を用いて日本体育協会がスポーツ活動の指針を出している。WBGTの値が31℃以上では運動は原則中止で、28℃以上31℃未満では厳重警戒(激しい運動は中止)、25℃以上28℃未満では警戒(積極的に休息)とされる【図1】。

熱中症予防の運動指針 (日本体育協会、2013、『スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック』より転載)
【図1】熱中症予防の運動指針 (日本体育協会、2013、『スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック』より転載) 写真一覧

環境省の熱中症予防情報サイトから、WBGTの計測地点として甲子園球場の最寄りの神戸市の値を参照し、データが確認できる過去6年分(2009-2914)について、その平均値をもとにグラフを作成した【図2】<注>。

神戸市のWBGT測定値
【図2】神戸市のWBGT測定値 写真一覧

グラフからわかるように、5月から10月のなかでもっともWBGTの値が高い期間中に、夏の甲子園が開催されている。そこは、「激しい運動は中止」の時期に該当する。6年分の平均値のため見えなくなっているが、年によっては「原則中止」の31℃を超えている日もある。