細野政調会長

 細野豪志政策調査会長は21日午前、定例記者会見を国会内で開き、政府の安全保障関連法案に対し、民主党として周辺事態法、国連平和維持活動(PKO)協力法の両改正案をできるだけ早く取りまとめたいとの考えをあらためて表明した。

 細野政調会長は、安保法案を与党が衆院で強行採決したことを受け、「極めて問題の多い対応であり、政府与党としてどう考えるのかを国会で迫っていくとともに、国民にもしっかりと訴えていかなければいけない」と主張。